令和元年11月18日(月曜日)に会津若松市で第3回産学交流セミナー「会津大学 復興支援センターLICTiA 丸隆工業見学会」を開催しました。

会津大学ではコンピュータ理工学部・先端情報科学研究センター 出村裕英教授より「はやぶさ/はやぶさ2と福島県/会津大学」と題し、はやぶさの成功と現在進行中のはやぶさ2のプロジェクトに貢献する最先端ICT技術についてご講演いただきました。

講演後には会場となったLICTiA内の施設見学を行いました。大学内外の利用者を想定し壁面全面がホワイトボードとなった部屋や靴を脱いで大画面を見ながら話し合うようなフリースペースがありました。

丸隆工業株式会社では代表取締役の宮田智弘氏より2009年より取り組んでいる新たな事業について紹介いただきました。CFRPを用いて治具の軽量化を図り安全性を高め現場の生産性向上を目指しています。